新人さんを迎える

新人さんを迎えるとは

ユニフォーム、名札など、必要備品は必ず来る前に準備しておく。これも当たり前のことなのですし、言い過ぎかもしれませんが、私が見た中でこれが100%出来ているお店はほぼ皆無と言ってもいいです。面接のときにユニフォームのサイズ、靴のサイズ、名前の表記など、確認して終了する、あるいは合否連絡の際に確認する、そしてイレギュラーがあってもよいように近いサイズのユニフォーム類も準備しておく、といった念を入れるお店は、残念ながらいまだかつてほとんど見たことがありません。おおよそ、新人さんの見た目で適当に準備して(もしくは準備すら行わずに)、いざ着てみると合わないなどといったトラブルが発生して慌てふためく従業員を日常のように見てきました。

新人さんを迎えるときに

最悪、そこで新人さんとコミュニケーションをとりながら作業を進められればギリギリセーフといったところですが、ほとんどの場合、探すのに一生懸命で新人さんを放っておくことの方がよく見受けられる光景です。これで新人さんは何を感じるか・・・想像に難くありませんね。これも小さなことですか?いえ、お店のオペレーション力を見せる上で非常に重要です。準備が良いお店というのは、得てして日常の業務も準備をしっかり整えてから行動しているお店がほとんどです。イレギュラーがあった時も、店長や社員、教える従業員さんたちが次善策、次次善作という引き出しを持って落ち着いて対処することが出来ることが出来ます。新人さんが慣れない作業でミスをしたとき、落ち着いて対処できる証明書といったところでしょうか。

新人さんを迎える前の準備


自分を受け入れてくれるのにちゃんと準備してくれたという、前述の承認欲求を満たすこともできるでしょう。面接時の質問や事前の連絡だけで済む、本当に簡単なことですし、お店紹介の一部だと考えて大切にしましょう。お店のオペレーション力を見せる上で非常に重要です。まずは自分から自己紹介、そしてほかの従業員の紹介をする。初めて来た新人さんと、教える従業員はおそらく最初に挨拶をしていることでしょう。ここでは納得していただきたいところなのですが・・・ではどちらから挨拶と自己紹介をしましたか?新人さんによっては積極的な方だと自分からハキハキ自己紹介をしたりすることもあるかもしれませんが、大多数は「はじめまして」が言えれば上出来と思ってよいと思います。見ず知らずの人にフランクに話が出来る人は少ないですからね。

新人さんを迎えるとは仲間に入れる

仲間に入れる儀式を先導するのは教育担当の従業員ということに。まずは自分の自己紹介から。名前だけでなく、簡単な自分のお店でのプロフィールや年齢などを交えて少しお話しできるとなおよいでしょう。そして、その日に一緒に働くほかの従業員と顔を合わせて挨拶を促し、教育担当の従業員からの他己紹介、その従業員からの自己紹介をすることによって、これも前述の親和欲求、承認欲求を満たすことにつながります。そして、その日一日はなんとか知らない人、よくわからない恐い人はいなくなります(笑)ちなみに、この日覚えた人の名前は、仕事を覚えるのに手いっぱいになってしまい、良くて2~3人、下手すると教えてくれた人の名前も怪しいのがほとんどですので、自己紹介した人たちは悲しまないでくださいね!この辺は初期教育編でも考えていきますので、「そりゃ無理だなあ」と思ってもらえればうれしいです。