アルバイトの初期教育

初期教育の担当者

仕事を覚えてもらう時の教育担当の従業員が、どんな気持ちでトレーニングに臨めばいいのかについて考えていきたいと思います。教育担当に任命された従業員は、自分の教えられることをまとめてきたり、お店によってはマニュアルを準備したり、きっと「何を教えるか」「どう覚えてもらえるか」ということに一生懸命になっているはずです。それは素晴らしいことですが、一つ忘れてはいけないこと、それは“新人さんが主役”であり、教育担当者はあくまでもその主役をサポートする役になる、ということです。新人さんがどうすれば戦力になるかというものの価値観で見る必要があるということであり、新人さんが出来るようになって初めて教えたことに意味が生まれるということです。

初期教育の心得

教えてやってもらうだけでは意味がありません。1週間後も、1か月後も、1年後も同じことが出来る、というのがトレーニングの理想形なのは教える人ならきっと理解していただけると思います。ところが、いざ教えるときになると「なんで出来ないんだ」とか、「いつになったら覚えてくれるんだ」といった、自分物差しの新人評価が始まるのはどこのお店でもよくあることです。そして、委縮した新人はしばらくして店長に退社を申し出ることになってしまいます。もったいない話ですよね?新人さんがどうすれば戦力になるかというものの価値観で見る必要があるということであり、新人さんが出来るようになって初めて教えたことに意味が生まれるということ

初期教育で不安を取り除く


1人は間違えるもの、覚えられないものと認識する。新人さんにとって、初めての仕事に対して不安を抱えている、ということは最初の前書きでもお伝えしましたし、皆さんが教えている時に一番感じることでもあるでしょう。その不安は何に起因していると思いますか?仕事を覚えることでしょうか、それとも怒られることでしょうか。もちろんそれもあるでしょうが、多くの新人さんたちが本当に気にしているのは、お客様に迷惑をかけないかどうかと、それによって教えてくれる人が怒られないかどうか、ということです。まずはこの心配について、新人さんたちの不安を取り除いてあげましょう。この心配を取り除くために効果的な一言は「分からないことや迷ったことがあれば、何度でもいいから聞いてね。私がいない時は、あの○○さんも詳しいから聞いてね。」です。

初期教育でお客様の対応を教える

特にお客様から聞かれたことに関しては、分からないままお客様に返事はしないように。「『申し訳ありません。分かるものに聞いてまいりますので、少しお時間を頂けますか?』と言って、お待ちいただいても正しいことを教えてあげるようにしてね」と伝えることで、どう対応するかを具体的に言葉として伝えてあげること、そしてなぜそうすべきなのかを端的に伝えてあげることが新人さんの不安を取り除く重要な一言になります。出来ることなら「ミスしても自分(ないし店長)がカバーするから、今のうちにいっぱいミスしておいてね」くらいのことを言ってあげるとグッと不安をなくしてあげられるでしょう。もう一つ、伝えてあげなければいけないことがあります。それは「これから覚えることが多くて大変だと思うけど、何回も繰り返していけば慣れるから、しばらくの間は我慢してね」とも伝えてあげてください。